シングルマザーのリアルなブログ。

2人の幼い男の子を持つシングルマザーの生活を、お金・育児・仕事・生活などすべて詳しく書き込みます。大変だけど、毎日幸せです。

亡くなった元夫の両親から、相続についての連絡が来ました。

元夫が亡くなると、子供たちに相続権が。

元夫が亡くなってからしばらく経ちました。

亡くなったことは理解しているつもりですが、まだまだ信じられない気持ちの方が強くて、半信半疑のままの毎日を過ごしています。

single-mama.hatenablog.com

本当にもういないんだろうか?夢に見ただけ?

そんな思いを毎日毎日繰り返して、やっぱり本当だ。。。と大きなため息が溢れます。

 

葬儀に出席するかどうか、そして行くならどんな形で行くか。ということを調べている時に、「元夫が亡くなっても(私が引き取った)子供に相続権がある。」ということを知りました。

離婚後に元夫とは全く連絡を取っていなかったので、こんなに早くに亡くなるということはもちろんですが、亡くなったと聞いて相続のことなんて思い浮かぶはずもなく・・・。

近いうちに元夫の両親か保険会社から連絡が来るかもしれないなと思っていました。

そして、元義父から私の携帯に連絡がきたんです。

 

久しぶりに話した元義父。

f:id:snow334499343:20180310184440j:plain

元義父と連絡を取ったのも離婚後初めてでした。

こんな形でもう一度話すことになるなんて・・・。

そう思ったのは私だけじゃないと思います。

電話口の声は、とても気丈に話しているように聞こえましたが、実際はそんなはずはありませんよね。

「お義父さんもお義母さんも大丈夫ですか。」と聞いてしまいましたが、大丈夫なはずがない。

「えぇ、大丈夫・・・とは言えないけれど、何とか・・・。」

と話されました。

元夫とは本当に最悪な形で別れたけれど、そのお義父さんお義母さんには本当によくしていただいたんです。

だから、2人には子供たち(孫)を会わせてあげたいと思ったこともあります。

でも必ず元夫が絡むことになるので、行かずにいました。

 

電話では、「お葬式に来てくれてありがとう。」ということ。

そして、「子供たちも連れてきてくれたんだなと嬉しく思った。」と言っていただきました。

亡くなったという連絡は義両親からもらったものではなかったし、実はお葬式に行っていいものか迷いながら行ったんです。

子供たちはともかく、私が行くことをよく思われないかもしれないと思っていたので、そう言っていただいて少しホッとしました。

そして、亡くなった時のことを大まかに話されました。

外出先で受けていた電話でしたが、子供たちの前で涙が溢れ・・・。

本当に、なんて言えばいいのか。。。

 

でも、不思議ですが、涙が溢れるのにまだ亡くなったことを信じられていないんですよね。

夢でも見ているんじゃないかと思ってしまいます。

 

元夫の遺産相続の話。

そして、結婚しているときに建てた家のローンの話になりました。

ローンは元夫の名義のみで、団信に加入して建てていたことを知っていたので、元夫が亡くなるとローンはナシになるということは分かっていました。

その家に元夫は住み続けていたので、今後どうされるかは分かりません。

「家のローンはナシになるそうで良かったと思っていますが・・・。」

とお義父さんも話されました。

「他にもいろんな手続きがあって、一度お話したいなと思いまして・・・。(借金などで)ご迷惑をおかけするようなことはないと思います。」

と言われました。

私は離婚をしたので何も相続する権利はないですが、子供たちに相続の権利があるから。ということでしょうね。

元夫は、若いころにお義母さんが勝手に加入したという保険に入っていました。

でも、結婚してからも受取人を私に変更した覚えはないし、一度保険証書を見たような気もしますが、よく覚えていません。

他に何かを相続となると、建てた家?車?預金?・・・。

相続なんて初めてのことで、全く分かりません。

 

相続するか、拒否するか。

この相続、迷っています。

というか、今はほとんど「相続しない。」ほうに傾いています。

お金はあればあるだけ助かります。

子供たちが大学へ進学したいとか、やりたいことが見つかった時、お金があるのとないのとでは選択肢が全然違うと思う。

子供たちのためを思うと、相続できるならした方がいいかもしれませんが。。。

 

私は子供を連れて元夫の家を飛び出しました。

理由がDVであれ、実際に亡くなった今は、もうそれを理由に責めることはしません。

元夫も義両親も、私のことを良くは思っていないはず。

子供たちのことはかわいいに違いないと思いますが、2人ともまだ幼い今、子供たちにお金を相続させるということは、母親である私に渡すということになります。

それを元夫は望むんだろうか?

そして、変な話ですが受け取るのが怖いというか・・・。

義両親はどう思っているんだろう?

私の勝手な思いですが・・・

きっと元夫は、子供たちのことは可愛いけれど、それ以上に両親のことを心配しているんじゃ?と思うんです。

特にお母さんは精神的に参っているはず。

遺産を両親に遺したって両親は喜ばないかもしれませんが・・・。

元夫に思いを聞くことは出来ません。

遺産で揉めることなんて、元夫はもちろん、誰も望まないと思うので、義両親の思いをしっかり聞こうと思います。

それが、元夫の思いにもなるのかな。

相続・・・。

ほんと、こんなことになるなんて。

私の考え方、これで合ってるのか間違ってるのか、それを誰に聞いていいのかも分かりません。。。


いざというとき困らない 遺産相続

 

【この記事も読まれています】