シングルマザーのリアルなブログ。

2人の幼い男の子を持つシングルマザーの生活を、お金・育児・仕事・生活などすべて詳しく書き込みます。大変だけど、毎日幸せです。

「アスペルガー症候群」の診断を受けました。

発達障害の診断を受けてきました。

f:id:snow334499343:20170808145428j:plain

ずっと悩んできました。

診断を受けるか受けないか。

2歳のころから次男の発達が少し気になり始めて、市が行っている教室に通ってみたり、そこから発達外来を紹介されて通ってみたり。

発達検査を受けるたび、一喜一憂。

知的障害はないと分かり、発達障害もグレーゾーン。

ドクターからも診断を受けても受けなくてもいい。と言われてきました。

療育を受けてみようと思っても、そのためには診断が必要だとずっと思っていた私。

最近になって、診断がなくても療育は受けられることを知り、診断を受けることをさらにためらい…。

小さいうちは療育手帳を取るメリットはあまりない。とのことだったので、診断を受けることで得られるメリットは「特別児童扶養手当」のみ。

そう。お金です。

お金のために、次男に発達障害の名前を付ける。

そんな感じがして、本当にすごく悩みました。

診断を受けても受けなくてもいいと言われていたからなおさらです。

でも。

診断を受けました。

診断名は、(診断書より)

f:id:snow334499343:20170808142609j:plain

そして合併症として、

f:id:snow334499343:20170808142637j:plain

もちろん覚悟してたけど、心にドカーンと大砲打ち込まれた感じ。

その大砲が、奥へ奥へ、だんだんとどこまでも落ちていくのを感じています。

「精神障害」という言葉に、とてもショックを受けている自分がいます。

 

想像以上にショック。

診断を受けようと思った最終的な決め手は、市役所の方に言われた言葉です。

「療育を受けるにもお金がかかります。必要な教材やサポート費用がかかることもあるかもしれません。療育に行かれている間だけでも受けられたらいいと思います。これはお子さんのためのお金です。」

正直、上手に言うなぁと思いました(+_+)

素直に受け取れない私・・・。

でも、確かに療育には1回1,000円以上かかり、ひと月で5,000円弱になります。

さらにサポート費用がかかるかもしれない。

そして、ずっと受け取れるものではないかもしれないとのことでした。

「診断を受けなくても、ドクターや園の先生から見たら、次男は発達障害の診断を付けられるレベルにある。

結局診断があるのと同じ??

手当が受けられるうちは受けておこうか・・・。お金は貯めておけばいい。」

と思ったのが決め手になりました。

こうやって悩んでいることをこのブログで吐き出していると、コメントやメールで一言くださる方も多くて、「私も診断を受けたときはショックでした。」というのもありました。

私も同じです。

しっかり自分で理解して、ショックを受けるかもしれないと覚悟して診断を受けたのに、診断書をもらった時は、思っていた以上にショックでした(T_T)

 

診断書の中身はもっとショック(T_T)

診断書の内容は、ドクターとの診察の中身以上にきついことが書いてあって(>_<)

f:id:snow334499343:20170808144003j:plain

これは診察の中からドクターが書き出した次男の症状です。

「会話もちゃんと成り立っているし、1人で話し続けることもないですね~」ってこの前ドクターに言われたばかり。。。

f:id:snow334499343:20170808144244j:plain

総合判定のところには、「薬物療法が必要な程度の注意欠如多動症を合併」と書いてあります。

薬物療法が必要な程度の・・・。

そうなんだ。薬の話なんて聞いてない。

これから処方されるようになるのかな。

そんなに重い症状だったんだ。

備考欄には、「現在、市の通園型療育施設に通園」とありますが、療育施設にはまだ通ってません。

普通のこども園に通ってるだけ。

通園型療育施設って、認定こども園のこと?

ショッキングな内容が多くて、次男がここまでひどかったんだと思い知らされたというか、ドクターは診察中には何も言ってくれなかったな~と放心状態というか・・・。

診断書だから強めに書いてあるのかな?

そんなことないか( ;∀;)

 

この後は、特別児童扶養手当の申請です。

・・・本当にこれで良かったのか・・・。

次男が変わるわけじゃないので私たちは今まで通りですが、いつかこの診断書を受けたことがウソのように思える日が来たらいいなと、何だか夢の中にいるようなことを思ってしまいました。

次男が生きていきやすいように、これから通うことになる(と思う)療育施設で、私もサポートのやり方をしっかり勉強してこようと思います。

ただ、長男も次男も、本当にかわいいです(*'ω'*)

最後まとまりなくなっちゃった、スミマセン(+_+)


図解よくわかる発達障害の子どもたち

 

【関連ページ】