シングルマザーのリアルなブログ。

2人の幼い男の子を持つシングルマザーの生活を、お金・育児・仕事・生活などすべて詳しく書き込みます。大変だけど、毎日幸せです。

「未婚と離婚」で税金に差が。同じシングルマザーなのにどうして?

未婚シングルマザーに厳しい?税金の差が出る控除額。

f:id:snow334499343:20160707120124j:plain

離婚件数も年々増加傾向で、私の友達も最近離婚してシングルマザーになりました。

自分もそうだし身近にも数人おられるので、児童扶養手当の話や医療費控除の話など、情報交換をすることもあります。

そんな中で、母子家庭が受けられる支援制度についていろいろ見ていると、未婚でシングルマザーになった方は、離婚・死別でシングルマザーになった方と同じように支援が受けられない制度があることが分かりました(゚Д゚;)

 

未婚でも離婚でも死別でも、それぞれにいろんなことを乗り越えて、ひとり親で子育てを必死に頑張っています。

生活費、学費、家賃や保険など、かかる費用はかさんでいき、母子家庭は貧困層が多いと言われるまでにもなっています。

それでも、たくさんの支援制度に助けていただきながら毎日の生活を送っているのですが、生活に直結する支援制度の中で、未婚のシングルマザーだけが受けられないものがあるというのです。

 

寡婦控除

f:id:snow334499343:20160707120406j:plain

未婚シングルマザーが受けられないこと。

それは「寡婦控除」というものです。(寡婦控除とは?)

私たちの税金は、総収入からいろんな控除額を引いたあとの所得額から計算されています。

その控除の中の一つに寡婦控除というものがあり、離婚・死別のシングルマザーには適用されるのですが、未婚のシングルマザーには適用されないというもの。

この寡婦控除の額は、27万円(特定の寡婦の場合35万円)なのですが、シングルマザーのほとんどが特定の寡婦に当たると思います。

(寡婦・特定の寡婦の要件はこちら)

 

例えば・・・

100万円の収入がある離婚シングルマザーと未婚シングルマザーがいます。 

  • 離婚シングルマザー
    100万円(総収入)-35万円(特定の寡婦控除)65万円(所得)
  • 未婚シングルマザー
    100万円(総収入)-0円(寡婦控除の適用なし)100万円(所得)

他にもたくさん控除の項目はあり、とても極端な例ですが、この例を見ると、離婚シングルマザーのほうが所得が少なくなるので税金が安くなることが分かりますね。

 

寡婦控除を受けられるのは、一度でも婚姻関係にあったシングルマザーということなので、最初に離婚してシングルマザーになって、そのあとに未婚で出産をしても「寡婦」になるそうです。。。

じゃあ、離婚時に子供はいなくてその後未婚で出産した場合はどうなるんだろう?

う~~ん、、、とってもややこしいです。

 

寡婦控除が受けられずに税金が高くなる。の税金とは、住民税や所得税が当たるということなので、生活に直結しますよね。

さらに、所得から計算される「保育料」「学童料金」「市営住宅の家賃」なども離婚シングルマザーよりも高くなる可能性があるらしい(=_=)

 

寡婦控除のみなし適用が実施されている市もある。

未婚シングルマザーにはとても厳しい制度になっていますが、未婚のシングルマザーにも、「寡婦控除のみなし適用」を実施されている市があります!

税法上は別。としているところもありますが、先ほど挙げた「保育料」「学童料金」「市営住宅の家賃」などは、離婚シングルマザーと同じように寡婦控除も入れて計算してもらえるそう(*'ω'*)

まだまだ少ない限定された市での適用になっていますが、だんだんと広がっていってほしいですね。

寡婦控除のみなし適用について。

 

ひとり親として毎日仕事に家事に子育てにと頑張っている立場は同じ。

結婚していたかしていないかって、もう母子家庭になると目の前のことに必死であまり関係ないです。

未婚で出産された方のほうがお金があるわけじゃないと思います。

どうしてそこで分けてしまうのかちょっと不思議ですが、同じように控除が受けられるといいなと思います。

「未婚と離婚」同じシングルマザーでも違う税金。


ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法

 

関連ページ
シングルマザー(母子家庭)を支援する制度一覧。
シングルマザー(母子家庭)ってどんな保険に入ればいい? 
シングルマザー(母子家庭)に本当におすすめの資格とは。