シングルマザーのリアルなブログ。

2人の幼い男の子を持つシングルマザーの生活を、お金・育児・仕事・生活などすべて詳しく書き込みます。大変だけど、毎日幸せです。

長男の寝言。「ママ、ちゃんと話聞いて!」(>_<)

長男は周りを良く見ていて、大人の顔色にも気を使う5歳児です。

5歳にして私の顔色をうかがわせているなんて、母親失格ですね…(T_T)

うかがっているからと言って、言うこと聞くような子じゃないんですけどね(笑)。

子供は大人の思っていることにすごく敏感です。

逆に、私のほうが子供のこと分かってない。

分かろうとしているつもりで反省もするけど、なかなか続きません(T_T)

 

「お話は聞くから。」という約束。

f:id:snow334499343:20150428114554j:plain

私は長男に何度か「お話は聞くから。」と言いました。

というのも、勝手に外に出て行ったり、出窓に乗っているような活発すぎる2歳の次男を追いかける毎日で、行動の遅い長男についてあげることができません。

なかなか行動に移せない子供には、前もって言葉に出して伝えることがいいことは分かっていますが、「次は着替えるよ。」とか「〇〇行こう」と言葉に出すと、次男が敏感に反応してダッシュで行ってしまう反面、長男はなかなか動きません。

なのでいつも長男は置いてけぼり( ;∀;)

そして泣いて怒ります。

置いていかれるのは嫌だけど、すぐには動けない。

大人だとめちゃくちゃ自分勝手ですよね。

今は長男についててあげることは出来ないけど、お話はちゃんと聞くよ。という意味で「お話は聞くから。」と言っていたんです。

 

長男はいつも後回しになっていた。

長男はとっても甘えん坊なので、何をしていても「ママ見て~!」「ママこっち来て~!」ととにかくママママ言ってます。

私の中で、「行ってもまたしょうもないことだろうな~」と思ってます。

忙しいしすることいっぱいあるのに、イチイチ見ていられない。

うっとおしい、めんどくさい。とさえ思うこともあります。

次男からも目が離せません。

けど、行ってあげたい気持ちもあるんですよ。

長男が話に来てくれた時も、私は必ず何か用事をしています。

お母さんって、そんなもんですよね。

さらに次男からも目が離せない。

長男の話を聞いてあげたいけれど、聞いてあげられるだけの時間の余裕もないし、気持ちの余裕もない。

聞いていても、飛び出す次男を追いかけると「ちょっと待って!!」となります。

そして、待っていても次から次から用事が入ります。

結局話を聞いてあげられません(T_T)

「話は聞くから。」と言ったところで、なかなか聞いてあげられません。

 

ショックな寝言(T_T)

そんな時、長男が寝言で言いました。

「ママ、ちゃんと話聞いて!!!」

真夜中でもちろん私も寝てましたが、しっかり聞こえた!

ドキーーー!!!!っとしました。

あとは寝ている長男に、ごめんね、ごめんね。と言うしかありません(T_T)

家事なんて少し置いといてその時には話聞いてあげよう!と何度も思うんですが、その時になるとなかなか後回しにできない。

このままじゃ、長男が大きくなったとき何にも話してくれなくなりますね…(/ω\)

自分に余裕さえ持てれば、時間にも余裕が出来ると思うんです。

自分に余裕って、、、、難しいなぁ。。。

でもこのままじゃ、長男との信頼関係が築いていけるか不安。

はぁ~~~。がんばろ。

子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)