シングルマザーのリアルなブログ。

2人の幼い男の子を持つシングルマザーの生活を、お金・育児・仕事・生活などすべて詳しく書き込みます。大変だけど、毎日幸せです。

シングルマザー(母子家庭)ってどんな保険に入ればいい?

今まで入っていた保険。

f:id:snow334499343:20150330074216j:plain

私は以前、ある共済の終身型生命保険と医療保険に入っていて、もらえる保険金はとても低かったんです。

こちらが私が以前加入していた共済のプランです。

  •  【終身型生命保険】
     死亡保障 1000万円
     共済掛金 52,913円(年払い)
  • 【医療共済】
     入院日額 5,000円
     共済掛金 26,717円(年払い)

この保険は私がまだ独身の時に母が勝手に入っていたもので、結婚してからも特に見直しはせずにいました。

結婚しているときには稼ぎ頭は元旦那だし、私の保険など補助的なものでいいと思っていたんです。

でも、シングルマザーになってからでもこの保険のままでいいはずないですよね(T_T)

 

もしもの時。自分がいくら残せばいいか知ってますか?

自分が今日もしもいなくなってしまったら、いくら残せば子供が生活していけるか、学校を思うように出られるか知っていますか?

シングルマザーは両親揃った家庭とは違って、自分しかいないので責任重大です。

保険見直し当時(33歳)、4歳と2歳の男の子を育てていた私の場合は、その時もし私の身に何かあった時に生命保険で残さなければいけない金額は3570万円でした。

これから子供たちが大学を卒業するまでの教育費・生活費の総額から、遺族年金・学資保険で受け取れる金額を除いた金額約3570万円です。

計算した時は自分でもビックリしました。(学費と生活費、遺族年金の計算方法)

こんな大金を残せる保険に入れるんだろうか?

入院中の保険も、1日5,000円じゃ生活費にも出来ない。

見直したいけど月々の保険料、めちゃくちゃ高くなるんじゃないか。

不安でいっぱいでした。

 

シングルマザー(母子家庭)の皆さんが入っている保険は?

毎月の保険料の不安はもちろんあったけれど、あの保険じゃもしも何かあったとき、

安心して死ねない。(笑)

なので、離婚前から保険の見直しは始めていました。

病気が分かってからでは保険に入りにくいっていうし、入れたとしても保険料は高くなるんです。

そして、いつ何が起こるか分かりません。
事故なんて明日遭うかもしれないし。
以前の保険のままじゃ私に何かあっても子供たちに十分なお金を残してあげられないのですぐに見直しを始めました。

まずは、シングルマザーの皆さんはどんな保険に入っているのか調べてみました。

 

シングルマザーが入っておきたい保険の優先順位

  1. 生命保険【死亡保険】・・・死亡した時にお金を残せる保険。終身(一生続くもの)と定期(60歳までに亡くなった時。など期間限定)があり、終身に比べて定期保険はとっても格安!
        【収入保障保険】・・・死亡した後に毎月10万円、15万円みたいにお給料のようにお金を残せる保険。子供が大学を卒業する60歳まで。など期間を定める。保険料はとても安い!
  2. 医療保険・・・入院した時に1日いくらと決まったお金がもらえる保険。母子家庭にとっては入院中の生活費になることも多いので、必要額をしっかり考える。手術や先進医療を受けたときは〇万円。などの一時金を受け取れることが多い。
  3. 学資保険・・・子供の教育費を貯金していける保険。かけている人(母)が亡くなった後は、保険料を支払わなくても必要時に契約金額の満額を受け取れる。掛けた保険料よりも多く返ってくることのほうが多い。

シングルマザーが入る保険に優先順位をつけるとしたらこの順番です。

確かに、自分がいなくなってしまったら子供のために稼ぐ人はいなくなりますからね。。。
考えたくないけど、考えておかないといけないことなんですよね。

 

シングルマザーのための保険プラン

保険料はあまり掛けられないけれど、子供たちのために保障はガッチリ高額な保険に入りたい!

いろんな保険会社から資料請求しまくりました!(*'▽')

そして私にピッタリだと思われるこんな保険を選んでみたのですがどうでしょう??

この保険は保険見直し本舗で自分と子供の現状を説明して相談しました。

生命保険【死亡保険(定期)】・・・ 1,540円/月

 加入時   33歳
 保険期間  60歳まで
 保障金額  1000万円 

    【収入保障保険】・・・   1,500円/月

 加入時   33歳 
 保険期間  55歳まで(下の子が大学卒業するまで)
 毎月10万円受け取り(合計受取額2640万円

医療保険【終身保険】・・・     3,432円/月

 加入時   33歳
 入院日額  10,000円
 他給付金あり

保険料合計・・・・・・ 6,472円/月

死亡時保障金額合計・・・3640万円

 

この保険で、私に何かあった時には3640万円受け取れます! 

保険見直し本舗は、大手の総合保険会社です。

1つの保険会社の営業をされるわけではなく、40社以上の保険会社の保険の中から、その人に合った最適な保険を診断してくれる、保険の相談窓口になっています。

自分一人では保険の知識もなく不安だったし、たくさんの保険の中から自分に本当に最適な保険を選べる自信がなかったので、保険見直し本舗なら平等に保険を紹介してもらえると思って相談をお願いしました。

自宅まで相談に来てくれるところもありますが、それはちょっと不安だったので、店舗にこちらから相談に行ける保険見直し本舗は自分の都合にもピッタリでした。

店舗が自宅から遠かったり、子供が小さいから自宅のほうが都合がよいなどの理由があるときには、自宅や近くのカフェなどに来てもらうことも可能のようです。

保険の相談は、先に時間などの予約をしてからになります。

しつこく勧誘されたり、1つの保険を勧められたりすることも不安でしたが、先に口コミなどで「しつこい勧誘は一切ない」と知っていたし、実際に勧誘は本当になかったです!

たくさんの保険を毎日取り扱っているプロのアドバイザーの方ばかりで、しかも1つの保険会社に専属でいるわけではなく、複数の保険会社を見ている立場にあるので、保険について不安なこと、疑問、掛け金の希望などの話も気兼ねなく出来ました。

自分と子供の年齢や希望の保険料などを伝えると、自分の現状に最適な保険をしっかりとした理由もつけて紹介してくれます。

もちろん、子供が大学を卒業するまでにかかるお金のことも具体的に詳しく教えてもらえます。

 

年齢によって保険料に差は出ますが、この保険、結構いいプランだと思いませんか?

33歳より若い方は、もっと保険料は安くなると思います!

もしも今私に何かあった時に、生命保険で必要な保障額は3570万円という計算がしてあります。(なぜ3570万円?)

(これから子供にかかるお金を詳しく計算しています。→「シングルマザーが入っておきたい、最低限の生命保険。」)

 

医療保険のほうは、今まで入っていた保険は入院日額5,000円でしたが、入院中の生活費のことも考えなければいけないので、少し安心できる入院日額10,000円にしてみました。

定期保険より終身保険のほうが割高ですが、子供が成人して自分一人になった時に医療費で困らないために、そして子供に迷惑をかけないために終身保険を選びました。 →シングルマザー(母子家庭)の医療保険はいざというときの生活費になる!

ややこしいと思われがちな保険だけど、 子供のためにも早めにしっかりと入っておきたいです!

年齢が上がるごとに保険料も上がっていくので気が付いたときに早めに見直しておかないとどんどん保険料は高くなります(+o+)

今の保険内容や保険料を一度チェックしてみてくださいね!

保険見直し本舗
保険見直し本舗で詳しい話を聞いてみる!

 

最初から相談するのは抵抗があるという方は・・・。

気になる保険を選んで資料を請求出来る保険スクエアbang!で無料で資料請求できます!

 

【関連ページ】
シングルマザーが入っておきたい、最低限の生命保険。 
シングルマザー(母子家庭)の医療保険はいざというときの生活費になる!
【母子家庭の学資保険】選び方のポイントと受取人に注意。
シングルマザー(母子家庭)に本当におすすめの資格とは。